オンラインショップに求められる
ものは何だろうか?

ファッションにこだわる人は往々にして、
新しい気づきや発見を求めて店舗に足を運ぶ。
店長のうんちくに耳を傾け、ブランド背景を識る。

その店の空気感が何より好きなのだ。

だが、オンラインショップには
その空気感や人間味が無い。
わかりやすく合理的に商品を並べ、
ただひたすらに売上を上げることを考える

売上製造マシーンのように感じてしまう。

いくら良いものをセレクトしても、
結局お客さんの記憶に残るのは
商品でありブランドだ。

F606は、アイテム本来の
「ブランド/デザイン/ストーリー」に独自解釈を加え

「新しい価値」
創出することを目指してスタートした。

このサービスのメインである
の表現には白黒以外の色はいらない。

日本庭園の枯山水が石と砂という最小単位で
雄大な自然を表現しようとしたように、

日本人の美意識の根底は
侘び寂びであると考える

色というものは、
伝えたいことを伝えるにはいささか情報が多すぎる。

空気感

人間味

侘び寂びを、

厳選した世界中のアイテムを日本の美意識で再解釈したとき、
どんな化学反応が生まれるのか。

これは我々にとってもチャレンジであり、
長年ファッションに携わったからこそ
行きついたひとつの答えだ。

侘び寂びには「内面的な豊かさ」
という意味がある。

無駄を削ぎ落とした色の無い世界でこそ
感情想い引き立つ。

日常では味わえない服選びを、
F606で是非体験してもらいたい。