SISE SISE

「innocent」×「insanity」=「Sise」 「innocent」×「insanity」=「Sise」

SISEは2007年、松井征心と廣川貴理らによって設立したファッションブランドだ。
『少年性』をコンセプトに、「innocent」×「insanity」=「Sise」 というテーマを掲げ、マニッシュとフェミニンの融合から生まれるモードを体現したデイリーなリアルクローズを提案している。

HISTORY

松井征心と廣川貴理は文化服装学院出身で同校の同級生。アパレルメーカー勤務後に独立しSISEを立ち上げ、2010年には東京六本木ヒルズでランウェイデビューとなるコレクションを発表した。
2014-15年には、若き日のカール・ラガーフェルドとイヴ・サンローランを発掘したことで知られる権威ある国際ファッションコンテスト「インターナショナル・ウールマーク・プライズ(International Woolmark Prize)」のメンズ部門において、日本人として初めてアジア大会で優勝、世界大会では最終審査会に残るほどの実力者だ。
デザイナーの松井氏は元々衣装家を志していたということもあり、近年では映画「ジョジョの奇妙な冒険」の衣装デザインや、eスポーツリーグのユニフォームデザインなど、幅広く手掛けている。

「SISE」というジャンル

SISEはパターンワークやカッティングが特徴的で、着てみると本当にシルエットが美しい。
ジャンルとしては“モード”と評されているが、どのジャンルとも形容しがたい、さながら「SISE」というジャンルのようだ。
そのオリジナリティ溢れるデザインは、誰の真似をするわけでもなく松井氏の感性を正面から投影させた結果だと思う。
SISEの『少年性』というコンセプトは、“少年性を感じる服のデザイン”ではなく、松井氏自身の“純粋無垢で狂気的な少年性を表現する”という意味のように思えてしまう。

感性を刺激する“シンプル”

そんなSISEの服は“シンプル”と表現されることが多いが、とてもシンプルとは思えない。
繊細なパターンと計算されたシルエットは感性をダイレクトに刺激し、構成要素は少なくとも複雑で奇抜なものに引けを取らない表現力だ。
きっと、ファッションに詳しくなくとも感性豊かな人であれば「シンプルだけどなんか刺さるものがあるよね」と感じるに違いない。

また、これは私の個人的な感想だが、SISEの服は驚くほど【よく馴染む】
自分の体形や体のバランスでどうしてもしっくりこない服というのは多いのだが、SISEの服は何を着ても“様になる”のである。
これも、シンプルと評される由縁なのだと思う。

SISE COLLECTION

「こういうブランドを探していたんだよ。」という方は多いのではないだろうか。
最後まで読んで頂いた方は、是非SISEのアイテムを手に取ってみて頂きたい。