COMME Des GARCONS Shirts

Forever Shirt

着た時の気持ちや理由で
分類される服

服は一般的に色やシルエットで分類されるが、着た時の気持ちや着る理由で分類される服も存在する。
今回はCOMME des GARCONS Shirts(コム デ ギャルソン シャツ)よりフォーエバーラインのNarrow Classic Shirtsを紹介したい。

フロントはシンプルなフレンチスタイルで、ウール100%が使用されている。
袖には3枚の布が使用されていることで立体的な仕上がりとなっており、着用すると不思議なくらい品良くまとまるシャツだ。
黒蝶貝のボタンの光沢が品の良さを加え、一目で仕立てや生地の美しさが際立っているのがわかる。

余白を残した永遠の定番品

ここでCOMME des GARCONS Shirtsについて触れたい。
COMME des GARCONS Shirtsは1988年にコムデギャルソン社により設立されたシャツに特化したラインである。
スタンダードなシャツというアイテムで奥行きや可能性を探るというブランドコンセプトの下、始動した。
基本的にギャルソンの衣類は日本製なのだが、このラインは一貫してフランス製を謳っている。
一度袖を通すと抜け出せないほどの品質を誇っており、日本において絶大な支持を受けているラインだ。

続く2008年にベーシックなシャツを定番展開するラインとして、今回紹介するフォーエバーラインが誕生した。
ギャルソンをデイリーに落とし込めるアイテムとして認知され、今では永遠の定番品と位置付けられている。

かつて川久保玲はインタビューでこんなことを言っていた。
「デザインすることがデザインとは限らない。」
ギャルソンと聞くと"アバンギャルド"や"脱構築"というキーワードが目立つため、やはりそのようなブランドイメージを持つ人も多いのではないか。
そんなギャルソンの中にあって、なぜここまで一切のデザインを省き、上質さだけを残した定番品を世に出したのだろうか?
大袈裟ではあるが、服と永遠に対話する余白を残した1着であると言ってもいいのかもしれない。
そのような服は着てもワクワクするし、眺めながら思いを馳せることもまた楽しい。

憧れを纏い、服と対話する

改めて商品を見てみたい。
見れば見るほど、ただただ上品で美しいシンプルなシャツである。
定番と謳われていることもありオンオフ問わず幅広く着用できる点も魅力だ。
ギャルソンに対して憧れがある人に入門編として、是非手に取ってみて頂きたい。
「憧れを着る」楽しさ、「服と対話する」楽しさを感じ取ってほしい。

COMME Des GARCONS Shirts
Forever Shirt
素材:100% ウール 生産国:フランス