Ganryu

5 Pockets Parkour Jeans Fu6-Pa-07

必然的多様性を表現

FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)から21AWシーズン「5 Pockets Parkour Jeans」を紹介しよう。
21AWシーズンは現代社会に溢れる「必然的多様性」をテーマに掲げ発表された。
「多様性」という本来の意味"-性質の異なる群が幅広く存在する-"を表現するように、今までの枠組みに囚われない様々なテイストが混ざり込まれた。

“21世紀に必要な服”の追求

早速、まずはデザイナーの経歴について触れたい。
2004年に文化ファッション大学院大学を卒業後、日本の御三家の一つであるコム デ ギャルソン社にパタンナーとして入社をした。
渡辺淳弥の下で、ジュンヤワタナベ・コム デ ギャルソンのパタンナーを担当する。
そして2008年にコム デ ギャルソン社から自身の名(丸龍文人)を冠したブランド「GANRYU」をスタートさせた。
「ポップと前衛とベーシック」をコンセプトの元、新しい形の服を生み出す、というコム デ ギャルソンのスタンスを踏襲しながら丸龍自身のフィルターを通して、リアルクローズの馴染む服を発表していった。
17SSシーズンをもって「GANRYU」のブランドを終了させ、2018年に独立する形で“21世紀に必要な服”というコンセプトの元、ブランド名をフルネームにし「FUMITO GANRYU」を再始動させた。

有名なエピソードだが丸龍はコレクション発表の度、納得がいっていないと語っている。
出来が不十分だからではなく、誰もやっていない所がゴールなので模索しながら見つけていく道のりでしかたどり着けない、という意味である。

「 僕自身が服のルールを破るための“免罪符”を求めていたし、それを欲する人は世の中にもたくさんいると思うんです。」と語っているように、彼のクリエーションの根底には飽くなき探求心、気概が感じられるのである。

複数の顔を持つ
ありそうでなかった一着

改めて、そのような目線で「5 Pockets Parkour Jeans」を見てみよう。
モデル名に"Parkour"と入っているように、「走る」、「跳ぶ」、「登る」といった移動に重点を置く動作を通じて心身を鍛えるスポーツであるパルクール競技者が着用する衣服にインスパイアを受けたワイドデニムパンツ。
ジャパニズムに通ずるように思えるシルエットも、裾のコードを絞ることでハーレムパンツのようなバルーン状のシルエットにもなり複数の顔を持つ。
大判なサイドポケットとヒップに位置する取り外し可能なQRコードがクスッとくるアクセントになっている。
「パルクールを動画などで見るのが好きなのですが、布が空中に舞って、エレガントでもある。」と過去の対談で語っているが、GANRYUの代名詞サルエルパンツ、ワイドパンツの根底にも共通の想いがあるのかもしれない。
パルクールという競技からインスピレーションを受けている時点で従来のスポーツ衣類のルール外のような印象を持つ。
21AWシーズンテーマである"多様性"が存分に込められたアイテムの最たる例ではないか。
また、パルクールにはいくつかの競技精神があるが、その中の一つに"No competition"というものがある。
これは「他者との競争を目的に上達を目指すのではなく、あくまで自己の鍛錬、自己の限界の克服を目指すこと」を指しているという。
まさに丸龍文人のクリエーションに対する姿勢と符合するのは偶然であろうか。

既にGANRYU時代に、サルエルパンツ、ワイドパンツは代名詞となるべきアイテムとなった。
今回の袴パンツのようでもあり、バルーンパンツのようでもある、ありそうでなかった1品。
FUMITO GANRYUの気概が込められた、ニュースタンダードになり得るこの作品を一度履いてみてほしい。

Ganryu
5 Pockets Parkour Jeans Fu6-Pa-075
素材:コットン100%   生産国:日本