Mcq Alexander Mcqueen

solid color shirt

破壊的衝動と繊細さが
共存した世界

今回紹介するのは、McQ(マッキュー)の「Swallow」コレクションから発表されたShirtsだ。
McQは単なるAlexander McQueen(アレキサンダー マックイーン)のディフュージョンラインだと多くの人に思われることが多いが、近年のMcQは非常に興味深いブランドだ。
「ICON」と呼ばれるMcQのコレクション(半年のサイクルで少なくとも3回発表される)はインハウスデザイナーではなく、毎回外部のクリエイターと組んで制作されるコラボレーションである。
スポットでコラボレーションをするブランドは多いが、コレクション毎に組むことは非常に珍しい。
そして、近年のMcQはメッセージ性が強く、Alexander McQueenの作品に内在する破壊的衝動、内面の繊細さが強く引き継がれているように感じる。

ダークで両面性のある“ツバメ”

「Swallow」コレクションテーマは、Alexander McQueenが1995年SSに発表した伝説的なコレクション「The Birds」へのオマージュである。
1963年に公開されたヒッチコック監督のスリラー映画「The Birds」にインスパイアされたコレクションであり、以後何年にもわたって登場するツバメのモチーフが初公開となったコレクションでもあった。
今回の「Swallow」コレクションでは、ツバメは単なる動物ではなくダークで両面性のあるデザインに昇華している。
ツバメモチーフ以外においても全体的にダークな印象を作品に落としている。

デザイナーの人生を
知る術となる一着

改めてこのShirtsを見てみよう。
まず目を引くのが、フロントバックに施されたプリントである。
人物の胸像のような物がモチーフとなり、ネガフィルムのように明暗や色が反転している。
物哀しい肖像画のようにも見えてしまうのは、Alexander McQueen本人が抱えていた内面の繊細さや葛藤、苦悩が重なってしまうからである。
Alexander McQueen本人については今回説明を割愛するが、まさに作品に魂が籠もっているとも言うべきだろう。
袖を通すと嬉々とする商品は多いが、このような作品は非常に珍しいと感じる。

決して明るい感情ではない。
だが、物悲しさこそ人間のストーリーを語る際に奥行きを与えてくれるのもまた事実だ。
デザイナーの人生そのものというと少し大げさだが、彼が何を感じてどのような物を作ってきたのか、作りたかったのか。
それを知る術になる1着である。

McQ Alexander McQueen
solid color shirt メンズ シャツ
カラー:ブラック