Y-3

CH3 CO-RIPSTOP UTILITY JACKET

"柔道衣"からインスパイアされた
換骨奪胎なジャケット

今回はY-3(ワイスリー)から、日本文化に根ざした1着をご紹介する。
柔道の練習や競技に使用される伝統的なユニフォーム"柔道衣"からインスパイアを受けた「CH3 CO-RIPSTOP UTILITY JACKET」。

柔らかく丈夫なコットンを使用し、サイズはリラックスフィットのためストレスフリーな着心地である。
ウエストベルトが付いているため、ベルトを絞りシルエットを遊ばせることも可能。
ベルトにはラバーロゴの他に"柔道衣"と合わせた日本的モチーフである"富士山"が施され、捻りをきかせている。

スポーツウェアをエレガントに

ところで、Y-3は2003年よりYohji Yamamoto(ヨウジ ヤマモト)とAdidas(アディダス)のコラボレーションで 始まったブランドである。
ジェンダーの既製概念を覆したYohji Yamamotoの創造性と、Adidasの本領であるスポーツ分野での専門的なテクノロジーが見事に融合されている点が特徴だ。
「スポーツウェアをエレガントでシックなものにしたい」という、Yohji Yamamotoの創設者でありデザイナーである山本耀司の想いから、Y-3はモード×スポーツを融合する先駆け的ブランドとなった。

レアルマドリードの2014-15シーズン3rdユニフォームから、2016年にはテニスの全仏オープンに向けたコレクションまで次から次へと幅広いスポーツウェアの再解釈を行ってきた。
Yohji Yamamotoの作風の根底にある反骨精神同様に、Y-3において従来のエレガントでシックではないスポーツウェアに対する強い気概があったに違いない。

日本の伝統文化を再解釈

近年、日本モチーフを全面に打ち出した、いわゆる"換骨奪胎"のような海外商品をよく目にする。
言うなれば、逆輸入と言ったところだろうか。
今回の「CH3 CO-RIPSTOP UTILITY JACKET」、日本の伝統文化である"柔道衣"を再解釈するのは、他でもない山本耀司であるという強いメッセージ性が感じられる1着である。
デザイナー本人の意志を全面に感じ取れる衣類はそう多くはなく、そう見つかるものでもない。
是非一度そのような服に袖を通して頂きたい。

Y-3
CH3 CO-RIPSTOP UTILITY JACKET メンズ ジャケット アウター
素材:綿100% カラー:ブラック