Jil Sander (ジル サンダー)

 

1968年にハンブルグにてブティック・ジルサンダーをオープンしたことがスタート。 自身がメインでデザインするようになった70年代~80年代はカラフルで派手な服が主流の時代だったため、パリコレクションに挑戦するも、ムーランルージュを代表とするきらびやかな時代に彼女の感性は合わず、撤退を余儀なくされた。 拠点をミラノに移し、徐々に彼女の作るミニマルな服が認められ、ミニマルの代名詞的ブランドまで成長した。 1999年にプラダに買収されるも、職人気質の彼女は品質を求めて幾度となくプラダと衝突し、妥協しなかった一貫した物作りの姿勢は非常に有名である。 現在のブランドにも色濃く継承され、エレガントで機能的なスタイルは非常に人気が高い。

絞り込み
CLOSE